MENU

TOP / 新着情報 / 電気工事のスイッチはこれだけある!スイッチ部品の名称

電気工事のスイッチはこれだけある!スイッチ部品の名称

2022.08.26

電気工事では数多くの部品を使用しますが、電気工事士は多くの部品の中から適切なものを選び、施工をしています。

この記事では電気工事の中でも一般的なスイッチの部品の名称をご紹介します。

 

電気工事のスイッチに関連する部品の名称

スイッチの種類は20種類以上あり、電気工事では用途に合わせて適切なスイッチと部品を選んで使います。
スイッチの主な名称は以下となります。

 

・片切スイッチ(単極スイッチ)・両切スイッチ
・3路スイッチ
・4路スイッチ

 

・表示灯内臓スイッチ
・パイロットランプ
・自動点滅器

 

・調光器
・プルスイッチ
・押しボタンスイッチ

 

・キャノピースイッチ
・防雨形スイッチ
・防爆形スイッチ

 

・遅延スイッチ
・遅延スイッチ(照明・換気扇)
・熱線式自動スイッチ用センサー

 

・リモコンスイッチ・リモコンリレー
・リモコントランス

 

スイッチの配線工事ではこのほか、スイッチボックスや電線などの材料が必要になります。

スイッチだけでもたくさんの種類があるので名称を見ただけでも迷ってしまいますよね。

でも、名称が分からなくても、スイッチの選び方のポイントを押さえておけば大丈夫です。

 

スイッチの選び方

 

動作タイプで選ぶ

スイッチのオンオフ動作には色々なタイプがあります。
主なタイプとしては以下のようなものです。

 

・手動でオンオフする
・リモコンでオンオフする
・タイマーでオンオフする
・人感センサーで作動する

 

取り付ける場所で選ぶ

スイッチを取り付ける場所は玄関、各部屋、キッチン、廊下、階段などです。
場所に応じたスイッチを取り付けるとスイッチを便利に使うことができます。

 

操作タイプで選ぶ

スイッチの操作タイプにもいくつかあります。
代表的な物は以下の3種類です。

 

・プッシュ式…手でボタンを押してオンオフを操作するタイプ
・ロッカー式…シーソーのようにボタンの両端を上下に動かしウイッチを操作するタイプ
・ロータリー式…回転するスイッチ部分を回してオンオフを操作するタイプ

 

電気配線工事はDIYは不可

スイッチやコンセントなどの配線工事はDIYでは行う事ができません。
専門知識を持った電気工事士が行います。

 

電気工事は危険なため、専用の工具を使って安全対策をしっかりとした上で作業します。

一見簡単な工事に見えても、電気工事の専門業者に依頼するようにしましょう。

 

電気工事会社に相談してニーズに合ったスイッチを設置しましょう

スイッチの名称やスイッチの選び方をご紹介しました。

スイッチの名称が分からなくても電気工事会社の担当者にスイッチを取り付ける場所や用途、現状の不満などを伝えれば最適なスイッチを提案してくれます。

 

スイッチを設置したい場合は業者と相談して一緒にプランを作っていくと良いでしょう。

 

電気工事でこんなに変わる!?スイッチの重要性とは

広島県のご家庭や企業・施設の、電気設備なら有限会社テイケイ電気にお任せ下さい。


会社名:有限会社テイケイ電気

住所:〒721-0973 広島県福山市南蔵王町二丁目4番10号

電話番号:084-927-7522

携帯番号:090-7994-1231

FAX:084-927-7523

営業時間:8:00 - 18:00 定休日:日曜日

業務内容:設計施工・電気工事

広島県福山市の【有限会社テイケイ電気】は、コンセント増設や照明のLED化、漏電調査などを行っている電気屋です。
個人様、企業様問わずご依頼承ります!お見積り無料です。お気軽にどうぞ!ご連絡お待ちしております!

Copyright © 有限会社テイケイ電気. All Rights Reserved.